●志歌寿ケイトの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2013年01月15日

夏の名古屋(4)下之一色の廃墟ほか編2

(3)からの続き。ようやく決着!

20120821-49.jpg
▲堤防うしろから見たところ。

20120821-50.jpg
▲いい階段が目白押しだった。

20120821-51.jpg
▲ほぼ河川ギリギリまで宅地だったようだ。

20120821-52.jpg
▲一応コンクリート壁はあるが。

20120821-53.jpg
▲なんとも寂しいが、長閑でもある。

20120821-54.jpg
▲このあたりは降りていける。

20120821-55.jpg
▲壊すだけ壊して、あとはどうするわけでもなく、階段は降りられるようにしてある。

20120821-57.jpg
▲煉瓦の壁。

20120821-58.jpg
▲路地のような部分か。土地境界は複雑そうだ。

20120821-59.jpg
▲堤防に張り付くようにタイル壁がある。水場跡か。

20120821-60.jpg
▲生活の跡はほとんどないが、懐かしい風合いのタイルが落ちていた。手描きで適当な模様が描かれている。

20120821-61.jpg
▲川と逆側、かなりごちゃごちゃと建て込んでいたようだ。

20120821-62.jpg
▲まるで遺跡のような壊し方。

20120821-63.jpg
▲街灯柱のようなものが残る階段。店でもあったのだろうか。

20120821-64.jpg
▲階段はそれぞれに個性がある。

20120821-65.jpg
▲これは狭い階段に道路をあとでくっつけたものか。わざわざ段を残している。

20120821-66.jpg
▲階段部分は今も公道なのだろう、多くが通りぬけ可能で立ち入り自由だった。

20120821-67.jpg
▲屋根がついているものは、それはそれで不気味。いったいなにが入っているのか。

20120821-68.jpg
▲この狭い石垣の間にも家があったのだろうか。

ということで、さすがに暑いのでこのあたりで歩くのを止した。
商店街を歩きに来たつもりだったが、この取り壊された家屋群の印象がより強かった。
現在どういう扱いの土地なのかは知らないが、ほとんど囲ってもいないというのは驚きだ。
いずれ河川改修で変わっていくのだと思う。まだ何軒も残っているから、相当かかりそうだが・・・。
タグ:写真 愛知県
posted by しかすけ at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする