●志歌寿ケイトの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2012年01月06日

2012年 名古屋初詣深夜歩き

明けましておめでとうございます。
本年も当ブログほか、しかすけ関連サイト・ブログをよろしくお願いいたします。
昨年はいろいろと大変な年でしたが、皆様どうか良い一年になりますように。

-------------------------------------------

さて、2011-2012の初詣深夜歩きは東京ではなく、実家のある名古屋で行いました。
名古屋はどちらかというと寺院の勢いが強く、
神社というと熱田神宮ばかりが取り上げられがちです。
ということで、元日未明の中小の神社の様子をいくつか見ていきましょう。

-------------------------------------------

僕は鶴舞線沿線住民だ。神社をまとめて歩きやすいルートを考えた結果、
地下鉄鶴舞線・荒畑駅から南にある神社をスタート地点とすることにした。
路地を歩いていく。
20120101-01.jpg

おっと、猫発見。名古屋の古い町は、意外と猫遭遇率が高い。
20120101-02.jpg

さらに別のところからもう一匹があらわれた。
20120101-03.jpg


●御器所(ごきそ)八幡宮
見た目はごく普通の神社だが、少なくとも1400年代からあるという古いもの。
早く着いたので、年明けまで20分ほど待つ。すでに若い人が何グループか並んでいる。
20120101-04.jpg
右手では小さい息子たちにギブアンドテイク(賽銭と願い事)を説く父親がいた(参拝はしない)。
そして前の若い集団がカウントダウンのあとにでかい声で「ハッピーニューイヤー」と言った。
さすが教育県愛知・・・かどうかは知らないが、僕は半笑いで参拝。
20120101-05.jpg


●尾陽(びよう)神社
御器所八幡のすぐ近くにある。まだ0時過ぎだが、こちらはあまり人はいない。列すらない。
20120101-06.jpg

境内はなかなか広々している。1910年創建という新しい神社だ。
20120101-07.jpg


神社を出て、天池通りという、僕もまったく知らなかった商店街を通過。
20120101-08.jpg

名古屋の商店街は基本的に古くからの通りばかりで、戦後にできた大通りからはほとんど見えない。
そのため、東京などよりさらに商店街の存在感は薄いし、賑わいもない。
20120101-09.jpg

地下鉄の走る山王通りへ戻って東進。やはり人通りはない。
20120101-10.jpg

名古屋らしい派手な結婚式場の前を通過。街並みに正月感はゼロ。ただの深夜歩きになりつつある。
20120101-11.jpg


●川原神社
飯田街道の川名本町にある。名古屋では比較的メジャーな神社だ(熱田神宮以外はあまり差はないが)。
弁天池があり、市バスのバス停も昔から「弁天前」の名である。廃止になった名鉄バスは「川名」だったと思う。
20120101-12.jpg

境内は広いのだが、全体に暗い。参拝できるスペースも小さく、よって列が長いためここは参拝せず。
一度に参拝できる人数は御器所八幡宮とそう変わらない。
そういえば子供の頃、火事でここの社殿が焼失したのを新聞で見て驚いた記憶がある(現在は再建)。
20120101-13.jpg
今回唯一屋台が出ているのはさすがというところか。

東京と違って、市街地でも車で初詣に来るのが名古屋らしい。
20120101-14.jpg

この路上駐車の道をひたすら北に進み、日進通りから丸山という小高い宅地を登っていく。


●丸山神明社
山の上にあり、児童公園とセットになっている、よくある神社の風景だ。
織田さんの頃からの古い神社のようだが存在感はいまいち薄い(と思う)。そしてここも暗い。
参拝客の列は長いが、やはり一回の処理人数の問題だろうか。ここも素通りでごめんなさい。
20120101-15.jpg


路地を地下鉄池下駅へと降りる。池下の歩道橋から。本当に人も車も少ない。
20120101-16.jpg

東山線の終夜運転の列車に乗った。わりと利用客がいた。
名古屋は上飯田線を除く地下鉄全線で30分間隔で終夜運転を実施しているのでありがたい。

本山駅で名城線に乗り換え(ちゃんと接続待ちしている!)、ナゴヤドーム前矢田駅で下車し後半戦へ。


●六所神社
駅から南、三菱の工場を越えたところにある。こぢんまりした神社だ。
ナゴヤドームの近くということもあり、ドラゴンズ優勝祈願祭をやっているそうである。
20120101-17.jpg

時刻は2時半近く、すでにひと気なく、無人で焚き火が放置されている。
20120101-18.jpg


中央線ガードを抜けて西へ進む。
20120101-19.jpg


●片山八幡神社
尾張徳川家により再興されたということで、ここも歴史のある神社。
名鉄瀬戸線森下駅の南、徳川町交差点にある。さきほどの六所神社を兼務しているのはここ。
時刻は2時40分くらいだが、中学生くらいの子たちがけっこうたむろしていた。
20120101-20.jpg

男神輿・女神輿が飾られている。こういうのが見られたのは、今回この神社だけだった。
20120101-21.jpg

列こそないが、3時近いこの時間でも参拝客は絶えなかった。
20120101-22.jpg


●片山神社
最後はここ。名鉄瀬戸線尼ヶ坂駅の南東の崖上にある、なかなか厳かな雰囲気のある神社。
住宅地だが木々が多く、どこか湿り気がある。
20120101-23.jpg

参拝客はほとんどおらず、ひっそりしている。
踏み込むのもやや勇気がいるが、ひとり参拝を済ます。
20120101-24.jpg

ちなみに私の母はこのすぐ東の市工芸高校の出身である。


もう3時近いので、明け方までは参拝する人も少なくなるであろうし、帰ることにする。
(初日の出は見られるポイントを知らないので今年は無し。)
といっても名鉄瀬戸線は終夜運転していないので、名城線の志賀本通駅まで歩いた。

20120101-25.jpg

いつか行ってみたいと思っていた城東町の商店街の路地と交差(後日ちゃんと歩行した)。

20120101-26.jpg

昔ながらの地下鉄駅の雰囲気がある(主にタイルと排水路)、志賀本通駅。
雨でもないのに地下水がどばどば染み出っぱなし。名古屋の古い地下駅は水が出やすい。
20120101-27.jpg


ということで、特にこれといった盛り上がりもなかったかもしれないけど、
名古屋の大晦日から元日の様子はとにかく味わうことができた。
あまり外を出歩く人はおらず、境内での地元の集まりも少なく、出店もほとんどなく、
東京と比べると静かな参拝風景だった。警察官とも一度もすれ違わなかった(笑)。

-------------------------------------------

初詣深夜歩きは前回もまったく反響ありませんでしたが、
やはり個人的には気に入っておこなっている記事ですので、特にコメントお待ちしております(笑)。
それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


過去の初詣深夜歩きの記事はこちらです
posted by しかすけ at 23:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 初詣・初日の出深夜歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無人の焚き火、初めて見ました。深夜に神社とか行ったことがなかったから。。。ちょっと面白い。
しかしこれって安全上どうなん・・・いや、きっと宮司さん的な人がどこからかこっそり見てて管理しているんでしょうね。そうだそうゆうことにしましょう。
あけおめ〜ことよろ〜。
Posted by つっしー at 2012年01月13日 19:26
>つっしーさん
あけおめです。コメントありがとう!!
わりと誰もいない瞬間があるのですよ、焚き火。
正月だけは都会のそこかしこで火が見られるので面白いですよ。
Posted by しかすけ at 2012年01月13日 22:13
名古屋はこれから住むことになるので、とても参考になります。。
やっぱ人を好きになるには街を好きにならねば。。ってことで(フツーは逆ですか?ww)
名古屋歩きは自分でもしてみたいと思ってたんだけど、これは先の楽しみが増えますね。

名古屋の話をすると、栄・伏見か、沿線でも東山線沿いの話しか聞かないので、逆に自分の
知らない地名とか駅名が出てくると、ワクテカしてきます。

個人的なオススメのスポットなんかも教えて頂ければ是非!
Posted by アニー at 2012年01月15日 20:02
>アニーさん
コメントありがとうございます。
名古屋の街を好きになるのは・・・・
なかなか大変かも・・・・しれませんよ(笑)

古い町並みなら東区・昭和区・千種区など中心近くの区にけっこうあるのですが、
昔からの細かい建物の商業地が健在なのはほぼ大須だけです。
最近は市内でもイオンやアピタが幅をきかせていますし・・・。
線的に歩ける場所をお薦めするのはなかなか難しい街です。
Posted by しかすけ at 2012年01月15日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック