●志歌寿ケイトの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2015年05月04日

GoogleMapでこんなゲームできないかな

GoogleMapsAPIを使って、RPG作れないかなあ・・・というお話です(Twitterに書いた)。
まあ私は使ったことないんでプログラム組めないですが。
以下の様な仕組みでなんとかならないかなあ。

kikaku_2.png

簡単にいうと、ストリートビューを眺めつつゲーム性を持たせたら楽しいと思ったのだ。


基本的にはストリートビューを使い、日本国内(の座標)を対象とする。
パラメータとして、空腹値・精神値・経験値・所持金などがある。

まずプレーヤーがスタート地点のストリートビューを見ると、その座標を現在位置に記録する。
どこかに進むか、地図から別の位置のストリートビューを開くと座標が更新される。つまり移動する。

二点間の移動距離により時間経過し、いくらか空腹値が減少する。
空腹値を回復するには、精神値を使って現在位置周辺を検索(探索)する。
探索範囲によって減少幅が異なる。
範囲に飲食店や食料品店があればお金を使って空腹値を回復させられる
(検索結果には種別がある程度設定されているようなのでそれを使う)。
ホテル・娯楽施設・観光地があれば精神値が回復できる。

しかし店を使うとお金が減ってしまう。お金はクエストをこなして稼ぐ。
クエストは市町村役場で発生し、特定施設へ行って戻ってくるとか、
同じ種類の施設を10箇所巡ってくるとかになっている。
クエスト条件になっている地点も探索によって探す必要がある。

店が少ない場所は回復できないから難易度が高い。
移動するたびに経験値がたまり、やがてレベルアップすると空腹値と精神値の上限が上がる。
こうしてより奥地へクエストに行くこともできる。
クエストを工夫することでストーリー性も持たせられるだろう。
移動時にランダムイベントを入れることもできそうだ。

特別なクエストではお金のほかに実用クーポン券が出てきたり、
特定の地点では各地の土産物を集めたりできるとなお楽しい。
もちろんここで他のサービスと提携したり、おまけのイラストなどが貰えたりしても良い。

空腹値または精神値がゼロになると倒れて病院行きになる(実質的には空腹値のみか)。
最寄りの医療施設を検索、そこから再スタート。なければ最初のスタート地点から。
病院ではお金を取られ、お金がないとレベルが下がってしまう。

お金があれば交通機関を使って長距離移動もできるようにする。
敵とかは面倒なので出ない。

大変しょぼいがこんなイメージ。
gamen3.png

誰かブラウザゲームとして作ってくれたら嬉しい。
よほど暇だったら自分で勉強するけど・・・無理そう。
posted by しかすけ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※投稿すると、管理人の承認後に表示されます。すぐには表示されません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418419455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック